一人暮らしでの家具・インテリア選びのポイント

一人暮らしの家具は、「併用できるか」「併用していいか」を考える

狭いスペースを有効利用、「併用」の意味

一人暮らしのスペースというのは、基本的には広くないものです。マンションやアパートの1室、ということが多く、それほど広さは確保できません。そこで、一人暮らしの家具選びで重要になってくるのが、「併用」です。

 

この「併用」には、2つの意味があります。1つは、「使い方次第で、いろいろな用途に使えるもの」、もう1つは、「そもそも併用することを前提として作られているもの」です。
前者は、シンプルで突起などのないローテーブル、後者の例はソファーベッドなどです。

 

「併用=いいこと」、ではないことに注意!

前者の場合、かなり便利です。

 

ローテーブルは、パソコン机になりますし、食事をとるための机にもなりますし、抵抗がなければ化粧台としても使うこともできます。
コーヒーテーブルとして使うこともできますよね。

 

ただ、後者のソファーベッドなどの最初から併用するとこを目的に作られたインテリアの場合、かなり難しい面が出てくることも覚えておいてください。

 

後者の場合、「それ用に」と作られているので、使いこなせる人なら便利なのですが、「結局ソファーとしてしか使っていない」「ベッドとしてしか使っていない」「たたむのが面倒でそのままになっている」ということも良くあります。

 

一人暮らしのスペースは狭いですから、「併用」は重要なキーワードです。
しかし、毎日のことだからこそ、「本当に自分はそれを『併用』できるのか」ということを考えなければなりません。

ページトップへ戻る