VAN THIEL & Co. Shoe Maker's Desk (ヴァンテール シューメーカーズ デスク)

VAN THIEL & Co. Shoe Makers Desk (ヴァンテール シューメーカーズ デスク)の商品概要

VAN THIEL & Co. Shoe Maker's Desk

かつてのヨーロッパで靴職人のためにつくられたデスクを熟練の職人によって再現されたワークデスク。
仕事道具を収納していたのを彷彿させる脚部に設けられた複数の引き出しは、それぞれ幅も深さも異なり、細かいものを整理するのに便利にお使いいただけます。
大きな天板は厚みのある強化ガラスが使用され、ウォールナット材のフレームとのコントラストが楽しめます。
大型サイズですので店舗の什器としても活躍し、店内を魅力的に演出してくれます。

引用元:FLYMEe(フライミー)内当該商品ページ

どんなお部屋に合う?

独特の形状をした脚部部分が特徴のワークデスクです。

地面に向かうにつれ放射状に広がっているのは、靴職人が作業する際、土台を安定させるためや、幅や深さが異なる複数の引き出しで大きさの異なる仕事道具を整理しやすくするためこういった形になったということをうかがわせます。

現代においては純粋にデザインとしても美しく、天板にガラスを採用していることで、素材の違いによるコントラストも注目のポイントです。

コーディネートイメージ

コーディネートイメージ1
コーディネートイメージ2

ウォールナット部分のヴィンテージの風合いがとてもよい味を出しているデスクなので、その点を生かすようにコーディネートすることが重要です。

都会的でモダンなお部屋に置くのではなく、クラシック、カントリー、アンティークなどのトラディショナルなスタイル、ファクトリースタイルなどの古材でできた家具を取り入れたスタイルと相性がよいです。

一方で、天板がガラスでできており重厚な雰囲気になりすぎていないため、写真のように鮮やかな赤色などの椅子と組み合わせても問題ないという柔軟性もあります。

コーディネートの幅がそれなりにあるので、お部屋の全体的な印象と、椅子などデスクと組み合わせる家具の相性を考え、いろいろなコーディネートを試行錯誤してみてください。

ページトップへ戻る