老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」で扱うインテリアの特徴は?

UNICO(ウニコ)というブランドの特徴は?

1959年から続く老舗ブランドのうちの一つ

UNICO立川店 店内

UNICO(ウニコ)は、1959年から続くインテリアブランドです。
55年近くも長く愛されてきたブランドであり、その長い歴史からも信頼がおけるインテリアブランドだと言えますね。

ただし、UNICOが「インテリアを扱う店」となったのは、UNICOが始まってからしばらくしてからの話です。
実は、UNICOは、もともとは、精密機械の会社として誕生したのです。

東京支社がおかれる前に、フィリピンにて海外直営工場が建てられるなど、なかなか面白い展開をしてきた会社でもあります。
そのほか、UNICOはインテリアショップですが、ワインなどを生産していたり、家電用品を扱っていたりと、ほかの会社にはない特徴もあります。

扱う家具の方向性は一番に「使いやすさ」

UNICOの商品ラインナップには、それほど奇抜なものはありません。
ソファーなどは、茶色―黒色―白色のラインで構成されているものが多く、そこから逸脱したとしても、緑色などの、比較的落ち着いた色合いのものが多いのが特徴です。

ただし、だからといって、「退屈」にはならないような対策も打たれているのが、UNICOの面白いところです。
例えば、ソファーの場合、ソファー本体だけでなく替えカバーなども合わせて販売されているため、自分好みの家具にしやすいといったメリットもあります。

もちろん、すべてのインテリアが同じ売り方になっているわけではありませんが、気分を変える、という意味でも、これらを利用するのもよいでしょう。
また、UNICOは、ソファーのケアキットなど、家具・インテリアをケアするアイテムもきちんと扱っているのが嬉しいですね。

unico(ウニコ)の家具の値段感

ソファー 2シーター \63,000~\200,000
チェア \12,800~\36,000
デスク \36,800~\54,800
テーブル ダイニングテーブル ¥46,000~\83,800
ベッド ベッドフレーム \39,800~\79,000 マットレス \32,200~\79,800
収納家具 シェルフ(オプションパーツ等を除く) \42,800~¥120,000

価格に関しては、「とてつもなく高い、というわけではないが、それなりに値段はする」という中堅どころの値段設定となっています。
商品によって価格差は大きいのですが、高い品質とそこそこ値段というバランスの良さは、あまりインテリアを購入したことがない、といった層にも好評です。

「使いやすさ」と「独自性」のバランスは見事、UNICOの特徴

基本は「使いやすさ」重視のデザイン。自分で選べる魅力も

UNICOのインテリアは、基本的には、使いやすいデザインのものが多い、と言えます。
色合いもそれほど奇抜ではなく、どんなリビング、どんな生活にも合わせやすいでしょう。

しかしながら、UNICOの場合、それだけにはとどまらない魅力があります。
それが、「さまざまなカラーリングの展開」です。ピンクなどのように人目を引くものもあり、その選択肢は幅広いです。

また、価格差もかなり大きいことも特徴で、2シーターのソファーで50000円台からのものもあれば、1シーターでもその倍の料金設定ほどになっているものもあります。
受注生産によって作られるものなどもありますから、自分好みの価格設定、自分好みのデザインのものを選べる、というのは、UNICOのメリットだと言えます。

ファブリックを考えているならぜひ使いたい、自分好みのラグが作れるサービス

「ラグを買いたい」と考えているのなら、ぜひUNICOのサービスを利用してください。
これは、30の柄、46のカラー、そしてサイズを組み合わせて、自分好みのラグを作ることができる、というものです。

「一般的なラグは飽き飽きしている」「自分自身のセンスを生かしたものを使いたい」「ラグにはこだわりがある」「広い範囲で使うものだから、自分好みのものがよい」と考える人にとって、非常におすすめです。

「家具などは安いものでそろえたけど、どこか一つだけお金をかけたい。
でも、やっぱり、家具のどれか一つだけお金をかけるとなると、数十万円単位になってしまう……」という悩みを持っている人にもオススメのサービスです。

UNICOの商品ラインナップの特徴紹介

レザーソファ

UNICOのレザーソファは大きく分けて2種類がラインナップ。
イタリア製のフルグレインレザーを使用し、素材・なめし・仕上げのすべてにこだわりぬいたHOXTON(ホクストン)、DEP(デップ)、
やわらかく、しなやかな銀付革にクロームなめしを施したFRAYE(フレイ)、MOLN(モルン)、TERRA(テラ)の2つに分けられます。

  • HOXTON(ホクストン)
    アイアンとレザーという異なった2つの素材をミックスしたインダストリアル感・ヴィンテージ感あふれるスタイルが魅力のHOXTON(ホクストン)。 ウニコのレザーソファの中では唯一肘かけがないデザインのため大人数でも余裕をもって座れる、家族が多い家庭にも向いたソファです。 内部素材にはフェザーを使用し、そのハードな印象からは想像できないほど柔らかく包み込んでくれる座り心地になっています。値段設定は、3シーターで\230,000、2シーターで200,000となっています。
  • DEP(デップ)
    HOXTON(ホクストン)とはまた違った、ボックスタイプのどっしりとした印象を持つソファ。顔料を使わず植物性のタンニンで仕上げる手間のかかる技法を使用し、革そのものの質感・美しさを楽しめるように。 「最高のソファで贅沢な時間を過ごしてみたい」そんな願いをかなえてくれるソファです。価格は、3シーターで\240,000、まさに最高品質のUNICOソファといったたたずまいに見合う贅沢な逸品となっています。
  • FRAYE(フレイ)
    重厚なヴィンテージテイストの本格レザー。あえてムラ染めをほどこした深い味わいレザーをもつそのデザインは、どんなお部屋にもなじみやすく、またお部屋の印象全体を落ち着いたものに引き締めてくれます。 座り心地はやや硬めの感触で、包み込まれるような座り心地ではないですが、長時間座っていても疲れないしっかりと体を支えてくれるものになっています。強度の高い銀付き革にクロームなめしをほどこしているためやわらかな質感でありながら耐久性にも優れます。 そのほか、3シーターで\176,000、2シーターで\142,000と、レザーソファとしては比較的手が届きやすい価格設定なのも魅力の一つ。
  • MOLN(モルン)
    優しい印象をあたえるMOLN(モルン)は北欧スタイルを取り入れたデザイン。しっとりとした質感が特徴で、使い続けていくうちに味わい深くなるさまは、長年をともにするパートナーと言えるでしょう。カラーラインナップもブラウンとキャメルという明るめの2つ。張地にファブリックを使用したカバーリングソファもバリエーションとしてあるため、デザインが気に入ったけどレザーはあまり好きじゃないといったニーズにも答えてくれます。価格は3シーター\198,000、2シーター\155,000。
  • TERRA(テラ)
    銀付革を使用した3つのラインナップの中でフェザーをとりわけ多く使用しているため、やわらかく包み込まれるような贅沢な座り心地を持っています。それは単に使用している素材だけでなく、幅と奥行きをゆったりととったそのデザインにも一因があります。仕事が終わり自宅に戻ったとき優しく迎えてくれる、そんな存在のソファです。こちらもMOLN(モルン)と同様、価格は3シーター\198,000、2シーター\155,000。

ソファ

レザーに比べ耐久性などは劣りますが、その分お手入れが楽であったり、低価格であったりといった点が魅力の布ばりソファ。
全体的にやわらかでかわいらしい印象のデザインがそろっているので女性に好まれやすいのも特徴です。

内部素材にはウレタンフォーム・フェザー・ポリエステル綿をミックスしたり単一で使ったりとさまざま。
それぞれ硬さ・沈み込みなど座り心地にも一長一短があるため、自身や家族の好みにあったものを選択しましょう。

  • LYS(リュス)
    北欧スタイルまるみのあるデザイン。脚部の形状やボタン留めデザインを採用しているなど細かいこだわりがみられ、特に女性のお部屋に配置するとおしゃれでかわいらしい印象を与えられます。カラーもパステル系統のライトブルー・グレーの2種類から選べます。
  • ALBERO(アルベロ)
    北欧スタイルの中でも伝統的でナチュラルな印象を与えてくれるソファ。奥行きがあり、肘かけもないつくりであるため、ゆったりと余裕をもってくつろげる点が魅力です。 3シーターで\89,800、2シーターで\65,800という手の届きやすい価格も魅力。3~4人家族では3シーター、1~2人なら2シーターを選ぶと座面が手狭に感じず、高い満足感を得られるでしょう。
  • VISKA(ヴィスカ)
    北欧スタイルのやわらかな印象のソファ。裏側の柵上になったデザインがかわいらしく、おしゃれな部屋を演出するのに一役買ってくれます。前面からみると、スタンダードなデザインにも見え、後ろ側に工夫が凝らされている点がサプライズを提供してくれます。 座り心地も硬すぎず・柔らかすぎずの普段使いに適した程よい硬さ。
  • LUND(ルンド)
    レイアウトを自由に変更できる柔軟性が魅力のコンパクトソファ。スタンダードに3シーターとして使用したり、1シーターと2シーター、そしてオットマンの3つに分け、テーブルを囲むなど幅広いレイアウトができます。 四角を基調としたブロックタイプのデザインであるため、モダンでおしゃれな都会的なお部屋に。
  • CLARUS(クラルス)
    アイボリーとベージュの2色から選べるCLARUS(クラルス)は、リネンとコットンの質感を生かしたデザインが特徴で、エレガントな印象をお部屋に与えてくれます。 内部素材もウレタンフォームとフェザーを併用して使用しているため体にフィットしつつも包み込まれる優しい座り心地。 カバーリングソファであるため落ちないほど汚れたとしてもカバーを買い替えることができますが、3シーターで\52,000と安いとはいいがたい出費になってしまうため、お子さんがいるご家庭などでは注意が必要です。
  • MANOA(マノア)
    羽付きのデザインがかわいらしく、ガーリーでフェミニンな印象のお部屋によく合います。全体的にふっくらろしたデザインになっており、フェザーを使用した
  • BREATH(ブレス)
    木材の表情を存分に生かした幅広の肘かけがまず目に止まるソファ。ちょっとした小物を置くのにちょうどよいサイズになっているので日常の生活のちょっとしたストレスをなくしてくれます。
  • DELAVE(デラヴェ)
  • FORTU(フォルツ)
  • FIVE(ファイブ)
  • EVA(エヴァ)
ページトップへ戻る