アジアンスタイルの家具ってどんな家具?

アジアンスタイルの家具・お部屋、その特徴について

アジアンスタイルの家具、どんな特徴があるの?

「アジアンスタイル」というのは、洋服などのコーディネートでも有名であり、ファッション業界の一角を担うものです。 このようなアジアンスタイルは、「インテリアコーディネート」にも取り入れられており、比較的メジャーなものです。 このため、アジアンスタイルについては、よく知っている、という人も多いのではないでしょうか。 しかしこのアジアンスタイル、深く踏み込んで考えていくと、なかなか奥深いものです。 今回はこのアジアンスタイルについて見ていきます。 アジアンスタイルと一口にいっても、アジア自体がかなりの広さの面積をもつ地域であるようにその種類はさまざまです。 なかでもバリ島のようなリゾート風のもの、長い歴史を持つ中華風などが有名どころでイメージしやすいかもしれません。 そのため、まずは「どんなアジアンスタイルにするか」を考えて作る方がよいでしょう。

アジアンスタイルは「風通しの良い部屋」のイメージで

アジアンスタイルの場合、「風通しのよい家」「部屋に風や自然がある家」をイメージして作ると作りやすいかもしれません。 観葉植物を配したり、現地の素材を使ったりするなどです。 特に、「リゾート的なアジアンスタイル」を作りたいのであれば、このような方法は極めて有効です。 また、部屋作りは夏を旨とすると良いでしょう。 外気温が暑くても家のなかでは涼やかに過ごせることをイメージします。 素材も、籐を使うなどして、涼し気な印象に仕上げると、アジアンスタイルが作りやすくなります。

アジアンスタイルのインテリアは「自然」を重視

アジアンスタイルは植物でキメる

アジアンスタイルの家具の場合、籐などの自然の植物を使った家具を用いることが多いです。 これを入れるだけで、お部屋のテイストが一気にアジアンスタイルになりますので、ぜひ利用してください。 部屋の面積を大きくとる、机やベッドにこの素材を入れることをおすすめします。 セットで、イスなどにもこの素材を使うとさらにアジアンスタイル感が高まるでしょう。 これらは意外なほど選択肢も広いので、選ぶ楽しさもあります。 さまざまな会社が、自社の特徴を打ち出した商品を開発しているので、見ているだけで楽しくなります。 また、前の記事でも触れましたが、観葉植物を入れるのもよいでしょう。 特に、葉っぱの面積が多い植物を入れると、アジアンスタイルらしい雰囲気に仕上がります。

お香や間接照明を使うこともアジアンスタイルに役立つ

「どのようなアジアンスタイルを目指すか」によっても違うのですが、お香や間接照明は、このスタイルにとても相性のよいものです。 「お香」というと、私たち日本人はお仏壇のイメージを抱いてしまいますが、植物の香りのするものなども数多く販売されています。 好き嫌いはありますが、「アジアンスタイル」を意識するのであれば、個人的にはイラン・イランや白檀の香りがオススメ。 また、間接照明はアジアンスタイルを考える際にとても役立つ便利グッズです。 アジアンスタイルによく調和し、柔らかな雰囲気を作ります。 また、「おいて使うタイプの照明」も、このスタイルには合っています。

和風スタイルに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る