アンティークスタイルの家具ってどんな特徴がある?

アンティークスタイルの家具でお部屋を作りたい!どんなイメージにする?

「アンティークスタイルの家具」といってもそれはさまざま

「アンティークスタイル」の家具、部屋といっても、その方向性はさまざまです。
フランス式のものを目指す人もいれば、イギリス式のものを目指す人もいるでしょう。
また、「アンティークスタイル」という言葉が、「クラッシックスタイル」との区別をややつけにくく、その定義もなかなか難しいです。

ただ、いずれの場合にせよ、「アンティークスタイル」には、「古きよき時代をしのばせるもの」「歴史の重み」が感じられるものがよく似合います。
奥行の深い家具を愛し、彫りなどの細かい細工がされた家具を選ぶことで、アンティークスタイルの部屋は完成します。

アンティークスタイルの注意点について

アンティークスタイルの場合、クラッシックスタイルと同じように、「金額」の問題がつきまといます。
アンティークスタイルの家具を、すべて「当時のもの」で作り上げるとなると、とんでもない金額になります。

キャビネット1個が20万円を超える、というケースは、決して珍しくありません。
また、アンティークスタイルの場合、もともとの家具が(品質はよかったとしても)ある程度摩耗していますし、扱い方にも慎重さが求められます。

手入れも難しいものがあるので、大人のための部屋のスタイルである、と考えた方がよいでしょう。

もちろん、「傷を刻んでいくのも、家具の楽しさだ」「時間の経過を家具に落とし込みたい」という理念があるなら別ですが……。

重厚感のある素材を持ってくるのが吉、アンティークスタイルの部屋の作り方

アンティークスタイルにはマホガニーがよく似合う

「古い木材」「歴史を感じられる木材」というと、あなたは何を思い浮かべるでしょうか。
あくまで個人的なお話ですが、私は「マホガニー」を一番先に思い浮かべます。

アンティークスタイルの場合は、やはり、この「マホガニー」がよく使われます。
また、オーク材とも相性がよいスタイルと言えるので、アンティークスタイルを作りたい場合は、これらを素材に使ったものを選ぶとよいでしょう。
特に、リビングの机にこれを選ぶことで、アンティークスタイルはしっくりしっかりと決まります。

照明に関しては、2通りの考え方があります。
多くの場合は、シャンデリアで重厚感と高級感を出しますが、間接照明を利用することによって、大人の雰囲気に持っていくこともできます。

アンティークスタイルの場合は「光」「反射」にこだわりたい

アパートなどだとなかなかうまくはいかないかもしれませんが、アンティークスタイルの場合は、「大きな窓」ととても相性がよいです。

広々とした窓というのは、アンティークスタイルの部屋に光を取り込み、高級感のある部屋を作り上げることに役立ちます。
また、カーテンも長いものを使えるため、王侯貴族のような印象に仕立て上げることができるのも嬉しいポイントです。

「窓はそのままの状態で、部屋のインテリアだけ変えたい」という人であれば、大き目の鏡台などを入れてはどうでしょうか。
当然、アンティークテイストのものを選びます。

アンティークスタイルに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る