家具 クラシック

クラシックスタイルの家具の特徴について

「クラシック」の言葉の持つ意味とは

「クラシック」という言葉は、その名前の通り、落ち着いた昔風の色合いを漂わせるお部屋のデザインです。
どこか重厚で、歴史を感じさせられるお部屋作りが、その基本となっています。

「ちょっと雰囲気のあるお店」「歴史を感じられるお店」「ひいきにしていたい、お気に入りのお店」のデザインを思い浮かべるとよいのではないでしょうか。
シックで落ち着いた雰囲気を持つクラシックデザインのお部屋は、根強い人気を持つスタイルのうちの一つでもあります。

「クラシック」には、実はさまざまな意味がある

ただ、実のところ、「クラシック」と一概にいっても、そこにはさまざまな意味があります。
そのため、実際のところ、「クラシック」と一言でまとめるのは難しいという特徴があります。

クラシックスタイルのお部屋は、「古風である」という一点では共通しています。
また、あまり軽々しい雰囲気ではありません。

しかし、白やシャンデリア、ピンクを多く配し、物語に出てくる「お姫様のお部屋」を作ることも一つの「クラシック」ですし、昔の外交官の部屋や貴族の執務室のように、茶色や黒でまとめた落ち着いた「大人の男性の部屋」のイメージで作り上げることもまた、「クラシック」のスタイルのうちの一つなのです。

このように、「クラシック」の概念」はひとそれぞれ大きく違います。
そのため、誰かに「クラシックスタイルのお部屋を作りたい」と相談する際には、自分の持つ概念とその人の持つ概念をすり合わせなければなりません。

クラシックなお部屋を作るときの組み合わせと配置

まずは方向性を明確に決めてから考える

前述した通り、クラシックのお部屋の「概念」は、人それぞれで大きく違います。
そのため、クラシック風のお部屋を作る場合には、まずは、「自分の持つクラシックのお部屋の概念」を伝えなければいけません。

お姫様のお部屋のようなイメージで作るのか、大人の男性のイメージで作るのか、はたまた「古き良き時代のバー」のようなイメージで作るのか……。
クラシックスタイルのお部屋の場合、この「すりあわせ」が非常に重要です。

また、「クラシック」といっても、年代は幅広いです。
19世紀以前のようなイメージで作るのか、ここ100年程度のイメージで作るのかも考えてください。

家具、その値段とデザインのバランスについて

また、クラシックスタイルのお部屋の場合、家具もそれに似合った、ある程度年代物のものを選びたくなる、というのが人のさがでしょう。

しかしこのような、「歴史を持った家具」は非常に高価です。
また、数が限られているため、自分が欲しいものが必ずしも手に入るわけではありません。

そのため、「どれくらいのグレードの家具を使うか」が問われます。

現在は、復興版のような形で、「昔風の」家具が作られています。
価格のことを考えれば、これらを購入するのが望ましいと言えます。

しかしこれはあくまで、アンティーク家具に似せて作られたものですから、「本物」だけが持ちうる独特の風合いは持ちえません。

クラシックスタイルに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る