カントリースタイルの家具ってどんな家具?

カントリースタイルの家具の特徴について

カントリースタイルとはどのようなスタイルなのか

「カントリースタイル」というのは、その名前の通り、「田舎風の」という意味合いを持ちます。

このカントリースタイルには大きく分けて、イギリス・アメリカ・フランスの3つに大別されます。
それぞれブリティッシュカントリー、フレンチカントリー、アメリカンカントリーと呼ばれます。

イギリスの原風景が残る町というとコッツォルズなどが有名ですが、パイン材・オーク材を使用したその家具の形や方向性は、堅牢な作り・やや重厚な雰囲気をもつ、という特徴があります。伝統という言葉が似あうイギリスらしさを感じる家具だといえるでしょう。
フランスの場合は、自然の素材を生かし一つの家具にこだわり、長く使い続けるという特徴がありますが、白や淡い色合いで統一されたすっきりした印象のコーディネートが多く、その中にはやはりフランスらしい優雅さが見え隠れします。
この2つに比べて歴史が浅いアメリカの場合は、家具の風合いや部屋の調度品、部屋のスタイル自体も比較的砕けたものが多く、やや現代的な方向性に舵を切っています。
パイン材などを使用し、星条旗の色に使わせる赤・青などの強い色を使用したラフなデザインは、アメリカ開拓時代を彷彿とさせる力強さを感じさせます。

さらに時代性や地域性などによって異なるデザインとなるためひとくくりにカントリースタイルというのは難しいのですが、そのバリエーションの豊富さは選ぶ楽しみを与えてくれます。
どれがよいのか、は人それぞれ好みがあるため、なんとも言えません。

そのため、初めて取り組むときは、これらのことにあまりこだわりすぎず、自由に楽しんでみるのもよいでしょう。

カントリースタイルの注意点について

本当の、「当時」は、必ずしも「新しいもの」「きれいなもの」でだけ作っていたわけではないでしょう。
しかし現在において、カントリースタイルをよみがえらせたいと考えるのであれば、あまりにも傷が入ったもの、汚れ過ぎたものは入れない、というのが基本のようです。

また、カントリースタイルの場合、部屋だけでなく、ドアや窓などをドレスアップさせることで、ぐっと「当時の雰囲気」に近づけることが可能です。

カントリースタイルの家具でおしゃれな部屋を作るためのコツ

カントリースタイルの部屋の作り方は「木」がポイント

カントリースタイルでは「木」をよく使う

あらゆる家具において、「木」というのは素材の基本ではありますが、カントリースタイルの場合は、特にこの「木」を重要視します。

机などは木のぬくもりが残るものを選ぶのが一般的です。
色こそ、茶色や白などある程度のバリエーションがありますが、「カントリースタイルらしいカントリースタイルの部屋」を作りたいのであれば、茶色のものを選ぶのがよいでしょう。
また、家具にも、木の風合いが色濃く残る本棚を選んだり、イスを選んだりすることで、部屋の統一感を出すことができます。

ドアやカーテンの工夫について

ドアやカーテンをカントリースタイルのものにすることで、部屋をドレスアップすることも可能です。
これらは少し大がかりな作業になりがちですが、リフォームを考えている人にはおすすめです。

値段は業者ごとによって大きく変わると思われるので、考えている人は、複数の会社に見積りをとるとよいでしょう。

また、カントリースタイルは、「小物」にこだわることによって、より「本物感」を出すことができます。
カントリースタイルの場合、アンティークの家具を欲しくなりますが、このようなアンティーク家具は数に限りがありますし、総じて高いものです。
商品によって差はありますが、小物の場合は家具ほど高くはないので、この小物だけを本物にして、部屋のクオリティをあげる、という方法もあります。

カントリースタイルは過ごしやすい部屋ですから、ぜひチャレンジしてみてください。

カントリースタイルに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る