エレガントスタイルの家具ってどんな家具?

エレガントスタイルの家具の特徴について

エレガントスタイルは、「上品さ」を打ち出す

エレガントスタイルは、「上品でありながら、ごたついておらず、ある程度のシンプルさを持ち合わせているお部屋」という特徴を持ち得ます。
このようなエレガントスタイルは、クラッシックのお部屋に見られる、ある程度の「歴史」を感じさせるものでありながら、クラッシックスタイルにありがちな「重さ」が見られません。

エレガントスタイルは、非常に「女性的な」お部屋である、とも言えます。
しかしかわいすぎるデザインでもないため、ある程度年を重ねた、大人の女性に向いているデザインであると言えるでしょう。

クラッシックデザインほどの物々しさも感じさせないため、取入れやすいデザインでもあると言えます。

エレガントスタイルはセンスも問われる

シンプルさと優雅さを持ち合わせるエレガントスタイルは、非常に美しく、お部屋のスタイルの一つのお手本もなりうるものです。
特に、女性ならば、このエレガントスタイルに憧れる人も多いのではないでしょうか。

しかしその分、その人のインテリアセンスが如実に現れるデザインでもあります。
特に、「シンプルでありながら、優雅であること」を両立した家具やお部屋を選ぶことは、かなり難易度が高いものなのではないでしょうか。

もちろん解釈にもよりますが、少し上級者向きのお部屋のスタイルであるように、個人的には感じます。
「今までのデザインには飽きてしまった」「落ち着いた、新しいお部屋を」と思う人はチャレンジしてみて。

エレガントスタイルのお部屋の配置の基本は「白」

エレガントスタイルのお部屋は、白を基本としてまとめるのが鉄則

エレガントスタイルのお部屋を作る場合、人それぞれ好みはあるかもしれませんが、「白」を基本とするとまとめやすいでしょう。
クラッシックスタイルは重厚さが人気の理由ですが、エレガントスタイルの場合は、クラッシックスタイルほどの重さは求めません。
女性らしく優雅で、それでいながらも大人の落ち着きを持ったデザインのお部屋を作るために、白を基調とするのです。

壁に関しては、恐らく多くのおうち(マンションやアパートを含む)は白いので気にする必要はありません。
ソファーはかなり大きな面積をとる場所ですから、定石で言えば、これは白を選ぶべきです。
ただ、全体的に白いお部屋であるなら、差し色的に緑やピンクを入れてもよいでしょう。

「真っ白」のなかに差し色を入れて遊ぶ

上でも述べましたが、エレガントスタイルのデザインの基本は「白」です。
ただし、これだけだと、なんとも生活感のない、真っ白で、面白味のない部屋に仕上がってしまいがちです。

そのため、どこかで「差し色」をいれてあげるのがよいでしょう。
ただし、エレガントスタイルの場合、「差し色」としても、それほど奇抜な色はあまり使われません。

黄色やショッキングピンクなどではなく、ある程度落ち着いた雰囲気のあるグリーンや、明るすぎないピンク、少し取り入れるだけで部屋にしまりが出るブルーなどが好相性です。
また、木の素材も相性がよいものです。

エレガントスタイルに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る