北欧スタイルの家具の特徴と、お部屋の作り方

現在人気の北欧スタイルの家具の特徴について

北欧スタイルの特徴はどのようなものか?

北欧家具のお部屋のイメージ

日本でも人気を博しているのが「北欧スタイル」です。
木の温かみを重視しており、ライトブラウン~ブラウン系列の色合いで部屋をまとめることを得意としています。

昼の日差しととても相性がよく、ナチュラルテイストのお部屋になることが、北欧スタイルの最大のメリットです。
長い冬のなかで、家具にこだわりを持ち、家具を「育ててきた」北欧の人の意志が受け継がれているスタイルとも言われており、好き嫌いが少ないスタイルでもあります。

このような北欧スタイルは、老若男女問わず愛されるデザインとして、日本でも広まっていきました。

布を使い、部屋にアクセントをもたらす

北欧スタイルのインテリアデザインを作るとき、そこに必ず現れるのが、「布」の存在です。

北欧スタイルにおいて、「布」は、単純に、「素材」として役割だけを表すのではありません。

優しい色合いが多い北欧スタイルにおいて、部屋の「アクセント」として使われることが非常に多く、名脇役の一つとなって、部屋の雰囲気を盛り立ててくれます。
「ファブリック」として取り上げられることも多い北欧スタイルの布製品は、色鮮やかで、柄物もよく使われおり、非常にインパクトがあります。

単純な「ナチュラルテイスト」ではなく、「北欧スタイル」を目指すのであれば、家具選びと同等の情熱で持って、布製品を選ぶようにしましょう。

カーテン選びも非常に重要です。部屋の雰囲気が大きく変わりますよ!

北欧スタイルのお部屋の作り方を知りたい!

北欧スタイルは「シンプル」を大事にする

フィンランドに代表されるような、北欧ブランドを配したこのスタイルは、見ていてストレスを感じにくく、さまざまなところで愛されています。
その理由のひとつとして、汎用性がとても高いスタイルであることがあげられるでしょう。

北欧スタイルは、長い冬の間に家具を作るということからか、木の質感を非常に大事にします。
そのため、基本的には、ブラウンなどの優しい色が多く、これを導入することがまず大事になるでしょう。

もちろん、現在ではそれ以外の家具も販売されていますが、「北欧スタイル」と聞いて多くの人がイメージするのはこちらなのではないでしょうか。
また、スタイル自体はかなりシンプルで、あまり多くの色を配しません。

ファブリックが北欧スタイルをキメるキー

鮮やかな色のファブリック

北欧スタイルは、家具には積極的に色は導入しません。
しかし、「ファブリック」と呼ばれる、布製品は別です。

カーテンやクッションカバーなどでは、北欧スタイルの場合、かなり「遊び」ます。
大柄を配したり、色鮮やかな柄を選んだりと、そのデザインは非常に幅広く、時には奇抜なものに見えてしまうほどです。

また、「絵」の代わりに、デザイン性の高いファブリック製品を飾る場合もあります。
ただし、かなりインパクトのあるものであっても、北欧スタイルの場合それ以外の家具がおとなしめですから、調和はとることができます。

せっかく北欧スタイルをお部屋に取り入れるのならば、ぜひファブリックを導入して本格的な北欧スタイルを楽しんでみてくださいね。

北欧スタイルに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る