和風モダンな家具の特徴と、お部屋の作り方

進化する和室のかたち~和風モダンの特徴について

日本人の心の源泉にふれるインテリアスタイル、「和風モダン」

「和風モダン」はその名の通り、日本人の心の源泉にふれる、「和」の方式を取り入れたモダン形式です。
ちなみに、「和風」と「純和」は厳密に言えば違うという説もありますが、インテリアデザインにおいては、「和風モダン」も「和モダン」もほとんど同じ意味で使われています。

和風モダンの場合、「現代的な床材などを使い、今では当たり前となった西欧方式の生活を旨としていながら、三和土や畳、竹素材、ふすまなどを用いたインテリア」というように解釈されることが多いようです。

私たちにとって、今は慣れたものとなった、西欧式のインテリア様式に、日本人の心の源である「和」を用いるというこの形式は、多くの人に広く愛されています。

どこまで「和」を入れるか?それによって部屋は大きく変わる

和風モダンの場合、「どこまで和の雰囲気を取り入れるか?」によって、部屋の表情が大きく変わる、という特徴があります。

「和風モダン」のなかには、畳×床の間の部屋を構築し、家具だけソファーやローテーブルを用いるというようなお部屋もあります。
これは、「和」に重きをおいたお部屋です。

また逆に、床は畳ではなく、調度品も洋風ではあるが、現代的なふすまや障子を用いることで和のテイストを取り入れている、という部屋もあります。
こちらは「洋(モダン)」を重視した作りです。

このように、和風モダンの世界は、非常に幅広くさまざまな考え方があるという特徴があります。

和風モダンの部屋の作り方~配置や組み合わせ、特徴を踏まえたい

真っ先に決めるのは、和とモダンの「割合」

和風モダンは、一口に「和風モダン」といっても、「和のテイストを重んじるか、それともモダンのテイストを重んじるか」によって、表情が大きく変わるインテリアスタイルである、ということを踏まえてお部屋作りをしなければなりません。

和の雰囲気を重要視するならば、タタミを配置し、灯りも和のものにし、テーブルやソファーを用いることでモダンの風合いを出す、というような工夫が中心となるでしょう。
つまり、部屋自体は和の雰囲気で作っておき、変更可能な「家具」でモダンさを出すのです。

反対に、「モダンな雰囲気」を打ち出すのなら、基本的には欧米風の部屋を作り、障子やふすまを配置する、という形で作っていくことになるでしょう。

このように、和風モダンは、「組み合わせ」によって表情が大きくかわるので、きちんと考えてから行いましょう。

和の道具は使い勝手がいい

迷ったのなら、モダンの雰囲気で仕上げて、和の道具を差し色に使う、という形で組み合わせていくのも良いでしょう。

和の道具は使い勝手がよく、インテリアとして取り入れやすいという特徴があります。
難しいことや高価なものは使えなくても、和の照明を入れたり、座布団を使ったりするだけで、部屋の雰囲気は大きく変わることでしょう。

和モダンは、上手にやれば、癒しと使いやすさ、そしてオリジナル色の3つを実現できる素晴らしいインテリアスタイルだと言えます。いろいろ試したいですね。

和風モダンに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る