和風の家具・お部屋の特徴

和風スタイル、実は・・・

和風の部屋を作るには?~「カンタン」だから「ムズカシイ」

誰もがなじみ深い「和風」だからこそ……

「和風」というのは、多くの人にとってとてもなじみ深いものです。
日本人なら、特に意識することもなく、和風の雰囲気に触れてきたはずです。

 

現在は欧米風のお部屋のスタイルがメジャーになってきいたとはいえ、「古き良き日本」に回帰するかのように、「和風スタイル」も見直されてきています。
ただ、日本人の多くがあたり前に知っているものだからこそ、逆に和風スタイルは難しい部分もはらんでいるのです。

 

「和スタイル」を目指すの?それとも「和風スタイル」?

「和スタイル」と「和風スタイル」は、厳密には違う、と考える人もいます。

 

前半は、タタミだけでなく、それ以外の生活のすべてを、「昔の日本」に求めるものであり、そこには「純日本」とでも言うべきたたずまいやスタイルが存在します。

 

それに対して、「和風スタイル」という場合、「和の雰囲気を部屋に取り込みつつも、ベッドやテーブルなどを適宜用いていくスタイル」を指します。
この2つの違いはかなり大きいので、注意が必要です。
また、少し話はそれますが、何百年も歴史のある純和のお宿やお部屋に、「和風スタイルですね」という言葉をむけることは、大変な失礼にあたることも……。

 

一般の家庭においてはそれほど深くは問われないかもしれません。
ただ、「和スタイル」に近づけて作るのか、「和風スタイル」に近づけて作るのかで、部屋の傾向が少し変わってくるということは覚えておいてください。

 

和風スタイルの部屋の調整について

和風スタイル、床は畳かフローリングか?

和風スタイルの場合、「床の素材」にまずは着目してください。
床の素材を自分で張り替える、という人ももちろんいるかとは思いますが、多くの人は、「現状ある床」をそのまま使うことでしょう。

 

「和風スタイル」の場合、「和」に近づけるかどうかのさじ加減は人それぞれの判断にゆだねられます。
ただ、あまり和に近づけ過ぎたくない、ということであれば、タタミの床の場合は調度品に工夫する必要があります。
このようなケースでは、机は高さのあるものを選び、イス席やソファーで過ごすようにします。

 

逆に、フローリングではあるけれども和に近づけたい、ということであれば、座卓と座布団を組み合わせるなどの工夫が求められます。

 

色は派手なものは使わない

文化によっても違いがありますが、和風スタイルの場合、それほど「派手な色」が使いません。
白や深い紫、茶色や白、緑といった色が部屋の基本となります。
差し色として赤色などを使う手がないわけではありませんが、一般的には避けます。

 

どうしても、という場合は、座椅子の座布団などに入れるとよいでしょう。
現在の和風スタイルでは、派手な色は部屋の雰囲気と調和しないと考える向きもあり、「差し色」としても積極的には使いません。

 

照明は、シャンデリアは避けます。
紙で作られた照明器具や、木枠の照明器具と相性がよいでしょう。
また、間接照明を使い、落ち着いた雰囲気に仕上げるのも悪くありません。
いずれにせよ、何かが悪目立ちすることは避けます。

 

このように全体の調和を保って家具を選択し、その美しさを引き出すのが「和風」スタイルの魅力であり、コーディネートするコツだといえるでしょう。

和風スタイルに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る