ナチュラルモダンな家具の特徴と、お部屋の作り方

ナチュラルモダンの特徴、ほかの「モダンスタイル」の違いは?

ナチュラルモダンは、「自然の風味」を大切にする

ナチュラルモダン

「ナチュラルモダン」という言葉をご存知でしょうか。
これは、現在非常にはやっている形式のうちの一つです。

このナチュラルモダンは、「シンプルモダン」とはまったく違う方向性にかじを切ったものです。
一般的に、「モダン」というと、「シンプルで」「現代的で」「シャープで」「スタイリッシュ」である、という印象を与えることでしょう。

どこか、機械的で冷たいイメージを抱く人もいるかもしれません。
「大人のためのインテリア」という感じがでるので、子どものいるご家庭などだと、少々厳しく感じられるかもしれません。

しかし、「ナチュラルモダン」においては、このような「機械的な冷たさ」はほとんど感じません。
ナチュラルモダンでは、「自然の風味」をとても大切にするからです。

現代的でありながら、ナチュラルテイスト。暖かみもある家に

ナチュラルモダンは、自然の風合いを大切にしながらもモダンスタイルの流れを汲みます。

木を使った家具や床材を積極的に仕様するため、部屋のカラーはライトブラウンよりになります。
良い意味で、「生活感を感じさせるデザイン」に仕上がるでしょう。

ただ、ナチュラルモダンの場合、「ナチュラルテイスト」にだけに焦点を当てているわけではありません。そこには「シャープさ」も同時に存在します。

テーブルなどは四角形のものを基本的に用い、直線的なデザインを好みます。
現代的なデザインを愛し、「物語に出てくるような家」というような風合いはほとんどありません。

ナチュラルモダンのお部屋の作り方~配置や組み合わせ、家具を考える

ナチュラルモダンのお部屋作りの基本とは

ナチュラルモダンは、「ナチュラルテイスト」と「現代的な風合い」を掛け合わせたインテリアデザインのことを指します。

そのため、基本となるのは、 ・木を使ったデザイン ・明るいブラウンを基調としている ・丸みのあるデザインを多用しすぎない という考え方です。

木のせもたれのついた足つきのソファーとテーブルをあわせたり、木材の風合いを色濃く残す四角のテーブルにイスをあわせたりします。

家具の配置に関しては、割と大雑把に考えてよいでしょう。
部屋に家具がたくさん置かれていても、それほど窮屈さを感じないというのも、ナチュラルモダンの特徴です。

生活感×現実的。現代の日本によく合うスタイルです

ナチュラルモダンの場合、良い意味で生活感を感じさせてくれるインテリアデザインです。
また、ある程度家具があっても窮屈には感じにくく、スタイリッシュさも損なわれませんから、現代の日本には使いやすいデザインだと言えるでしょう。

好き嫌いが表れにくく、老若男女、あらゆる人にとって受け入れられやすいインテリアデザインであることも評価のポイントです。
また、家具の「値段」もそれほど顕著に現れません。使いやすいスタイルであることは間違いありません。

ただ、ナチュラルモダンはどうしても、画一的になりがちだというデメリットもあります。
使いやすいスタイルであり、多くの人が採用しているため、その点は気を付けたいところですね!

ナチュラルモダンに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る