シンプルモダンな家具の特徴と、お部屋の作り方

シンプルモダンの特徴と注意点

あっさり、シンプル、そして現代的。「シンプルモダン」の意味とは

都会的で上品なシンプルさを意識するのが○

シンプルモダンという言葉は、一昔前から、インテリア雑誌などでよく取り上げられるようになった単語です。
恐らく、少しでもインテリアに興味がある人であるのなら、このシンプルモダンという文字は、一度は目にしていることでしょう。

シンプルモダンは、「現代的」「あっさりしている」「シンプルである」という特徴を有するスタイルです。
シャンデイラやごてごてした飾り物、アンティーク調のソファーなどは好みません。硬い材質を使った家具などを配置することが多く、モノトーンが部屋の色調の中心となります。

インテリアを作るうえで、失敗がしにくいというのもシンプルモダンの魅力のうちの一つです。
家具のカラーリングを合せることによって、家(家具)がうくことなく、周囲に調和しやすくなるので、インテリア初心者さんにもおすすめです。

シンプルモダンの注意点!お金をかけないとみすぼらしく見える

シンプルな分、値段によって良し悪しは明確に現れる

ただ、このようなシンプルモダンの生活にも、いくつかの欠点があります。
それは、シンプルモダンの家具の場合、「家具の値段がはっきりわかってしまう」ということです。

シンプルモダンの家具は、名前通り、非常にシンプル。黒と白が基調であることが多いです。

黒も白も家具の色としてはメジャーですから、さまざまなところで、この色を使った商品が売られています。

ただ、同時に、これらはかなり色濃く、「元の値段」を反映させるものです。
→の画像は極端な比較ではありますが、値段によって明確に差がでてしまっているのがわかるでしょう。

あまりにも安すぎる家具は、デザインや素材・質感・・・などなにかしらの要素がチープさを出してしまっていることが多いです。

シンプルモダンにおいて、安い家具はすぐにそれとわかってしまうので注意しましょう。

かける金額の目安としては、ローテ―ブルであれば\50,000~、テレビボードは\100,000~、ダブルサイズのソファーであれば\12,0000~くらいでしょうか。

すべての家具を質のいいものでそろえられればもちろんいいのですが、そこまで予算はかけられない!という場合もあるでしょうから、その場合は、ソファーなどの大型のものだったり、テーブルだったり、目につきやすい部分から優先順位を付けてお金をかけていくのがよい方法です。

シンプルモダンのお部屋作り、配置を考える

シンプルモダンのお部屋作り、その配置や組み合わせの基本

アクセントカラーをワンポイントだけ入れるのもシンプルさを引き立ておしゃれに見せるコツ

シンプルモダンは、シャープで、鋭く、現代的な部屋の作り方を心がけるスタイルです。
そのため、部屋の基本は、「モノトーン」となるでしょう。黒と白を使いこなすことが、シンプルモダンに求められます。

たとえば、黒のソファーに白いローテーブルをあわせる。
白のテーブルと白のイスに、黒い棚を配置した部屋を作る。白いイスに黒いテーブルをあわせたダイニングテーブルセットを採用する。

このような作り方が、シンプルモダンの基本となるでしょう。
床は、茶色の床でも良いのですが、家具とあわせて、白やダーク系統の色でまとめることもあります。
マンションやアパートの場合は、床材を変えることは現実的ではありませんから、ラグやカーペットなどで対応するといった方法もありますよ。

床は見た目に占める面積が大きいですから、床色を変えるとがらりとお部屋の印象もスタイリッシュになります!

シンプルモダンでコーディネートするときには照明にも気を配りたい

円型の他にも幾何学的なデザインの照明もシンプルモダンのお部屋にはよく合います。

シンプルモダンの配置を考えるうえで、もう一つ留意してほしいのが、「照明」です。

シンプルモダンの生活には、ゴテゴテとしたシャンデリアは似合いません。
明るいスポットライトのような照明をいくつもつけたり、「天井から照明が釣り下がっていない」という状況を作るため、天井部分に照明をとりつけられる穴(電気の配線済み)を作ったりします。
また、つりさげタイプのものを選ぶ場合も、シャンデリア方式ではなく、円形などのあっさりしたデザインのものを選ぶのが主流です。

シンプルモダンのコツ、まとめ

シンプルモダンは、シンプルなだけに家具の値段がかなりしっかりと現れます。
部屋を作ることは簡単ですが、家具にはそれなりにコストをかけることがシンプルモダンスタイルでおしゃれな部屋をコーディネートするコツと言えます。

シンプルモダンに最適!おしゃれな家具を探す>>

おすすめインテリアショップ一覧

FLYMEe(フライミー)
「FLYMEe(フライミー)」の評判・概要・特徴や、どんなブランド・種類の家具が買えるのか、おすすめな人について紹介します。
BICASA(ビカーサ)
デザイナーズ家具ブランド「BICASA ビカーサ」の特徴紹介や評判・口コミ情報
大塚家具
誰もが知る日本の大手家具ブランド「大塚家具」。その豊富な商品数を誇る大塚家具の特徴と魅力、評判を紹介
フランフラン(FRANCFRANC)
女性に人気のかわいい・キュートな家具が比較的安価に手に入るフランフラン(FRANCFRANC)についてご紹介します。
NOCE(ノーチェ)
北欧系カフェスタイルの家具を買うなら「NOCE(ノーチェ)」がオススメ!
IKEA(イケア)
低予算でも北欧家具を楽しめるインテリアショップ「IKEA(イケア)」についてご紹介。
UNICO
55年という長い歴史を持つ老舗ブランド「UNICO(ウニコ)」の特徴について紹介。
CONRAN(コンラン)
高い品質のインテリアが揃うハイブランド「コンラン」の魅力を紹介
無印良品
無印良品で扱う家具の特徴について紹介
ニトリ
ニトリの扱うインテリアの特徴についてご紹介
ACTUS(アクタス)
ACTUS(アクタス)はどんなインテリアショップ?アクタスの概要と特徴、どんな人に向いているインテリアショップなのかご紹介します。
ページトップへ戻る