a.depecheってどんなブランド?どんな特徴があるの

a.depecheはどんな家具ブランド?

a.depecheロゴ

「a.depeche」というのは、呼び方としては、「ア.デペシュ」となる家具ブランドです。

 

a.depecheは、非常に幅広い商品展開をしています。
ハンガーやキッチン用品、ニット小物やバッグにいたるまで手掛けており、ファブリック製品なども含め、手広く商品を扱っています。

 

a.depecheのコンセプトと方向性についてみていきましょう。

 

a.depecheってどんなブランド?その家具スタイルについて

a.depecheの目指すスタイルとはどんなものか?

a.depecheの家具イメージ

a.depecheのコンセプトの主眼は、「飾りすぎない生活」。
そのため、その商品デザインは基本的にはとてもシンプルです。

 

また、基本の概念として、パリの生活、それも一軒家などではなく、アパートメントに住んでいる人の生活をイメージする、というものがあります。

 

a.depecheが目指すのは、「パリのアパートに居を構えている人の住まいにある家具の提供」であり、そこには、「レトロなものばかりを作ろう」「現代的で、シャープなデザインのものばかりを作ろう」という気負いはありません。

 

現代のアパートに、しかし古いものの良さを認める人が、当たり前に欲しがる、「気負いも何もなく、だけどどこかで品がよく、質がよいもの」を打ち出すことをその命題としています。
また、「自分だけの空間」「自分が、生涯にわたって愛していけるであろうもの」をテーマをした家具の開発を進めていることも、a.depecheの大きな特徴である、と言えるでしょう。

 

そのため、「自分が愛するものを、過多なく使う」という考えがあります。
このような考えは、a.depecheが打ち出す種々の商品――――それこそ家具だけでなく、キッチン用品に至るまで――――しっかりと受け継がれ、打ち出されています。

 

「シンプルだけれども、安っぽすぎるものは使いたくない」「下品にならずに、飾り気のない、しかし美しいものを使いたい」と考える人にとってぴったりのブランドであり、また、それほど価格が高くは設定されていない、というのも魅力のうちの一つでしょう。

 

a.depecheのスタイル、そのオリジナリティについての考察

パリのガーデニング風景

a.depecheはなかなか面白いブランドでもあります。
上で述べたように、a.depecheは家具メーカーではありますが、「暮らすこと」というのは、「家具を集めること」だけではありません。

 

「パリのアパート」「住みよい住居」というのを考えたとき、われわれは、そのなかに、「ガーデニング」というものの存在を考慮するでしょう。

 

住みよい住居についている小さな庭で、バジルやローズマリー、タイムといったものを育てている光景というのは、パリの日常の情景の一つとして想像できますね。

 

そのため、a.depecheは、家具のラインナップ以外にも「ガーデニンググッズ」も同時に扱っています。
いずれも、a.depecheの家具になじみやすい、ほっこりとした優しい色合い、どこかで懐かしい風合いを感じさせるものに仕上がっているのが特徴です。

 

a.depecheはどんな人にオススメなのか?

a.depecheはどのような世代に向いているのか?

家具の好き嫌いというのは、個人の好みが非常に大きく出るものであり、そのなかに「正解」というのは決してありません
若い人でも渋さが感じられるデザインのものを深く愛することもありますし、ご年配の方でも明るい色、ビビットな色などを愛することもあるでしょう。

 

自分が住みやすい環境を作ることが「家具選び」のもっとも基本となるべきものであり、そこに、一概に「年を取っている人はこれ、若い人はこれ」と決めつけてかかることは、無謀と言わざるを得ません。
しかし、それでも、家具のテイストというのは、ある程度は「このような人に向いているだろう」というのがあるのも事実です。

 

比較的若い人向け?そのデザインを考える

「パリの生活の一部になっている家具」を提供するa.depecheはどちらかというと、10代~30代、40代くらいのやや若い人向けのデザインと言えるでしょう。
使いやすく、場所を選ばない木のダイニングテーブルなどもありますが、ソファーの形状や打ち出し方から見るに、「高い年齢層」を意識しているというよりは、10、20代~40代程度の方に向いているデザインと言えます。

 

ただ、価格が高額に設定されていないといっても、「激安」というわけではないので、10代の人が、a.depecheですべての家具をそろえる、というのは現実的ではないでしょう。
その場合、他の家具ブランドにはあまり取扱いのない、非常に個性的なデザインのハンモックチェアなどもラインナップにみられるので、このような遊び心がある商品を少しづつ取り入れてみるといった楽しみ方もインテリアに愛着がわいて良いかもしれませんね。

 

a.depeche(ア・デペシュ)を取り扱っているインテリアショップ

ページトップへ戻る