ロックなテイストの家具が魅力「ディーゼルリビング」

ディーゼルという家具屋についてのお話し

ディーゼルってどんなお店なの?

ディーゼル リビング ロゴ

ディーゼルは洋服・小物などを取り扱うブランドとして有名ですが、同時に、「家具メーカー」としての顔も持っています。
ここで取り上げるのは、「家具メーカー」としての「ディーゼル」。それが、「ディーゼルリビング」です。

 

このディーゼルリビングの扱っている家具についてお話していくことにしましょう。

 

DIESEL LIVINGの概要について~その特異なデザイン性

DIESEL LIVINGってどんな会社?

DIESEL LIVINGは、レンツォ・ロッソによって作られた会社です。創業者の名前からもわかるように、イタリアで発祥した会社です。このDIESEL LIVINGは、1978年に生まれたものであり、まだ40年たっていない比較的新しい会社でもあります。しかし、1979年にはメンズトータルコレクションをはじめ、1981年にはすでに国外に進出、1999年には日本にわたってくるなど、非常にテンポよく伸びてきた会社である、と言えるでしょう。

 

DIESEL LIVINGの家具、そのデザインの方向性などについて

詳しくは後述しますが、DIESEL LIVINGのデザインは、ほかでは類を見ないほど独特で、独創的で、遊び心があって、ともすれば使いにくさを感じるほどの押し出しの強さがあります。
それはときに、中毒のように、あなたを推そうことでしょう。
品質においても高い評価を得ていますが、使いどころを選ぶデザインでもあり、それこそがDIESEL LIVINGの面白さにもつながっています。

 

これを上手に使いこなせるか否か、ということで、DIESEL LIVINGの評価は大きく変わってくるでしょう。
その表情、そのデザインは、一度目にして、「これを自分は愛せるかどうか」ということを判断する必要があると思います。
今までの家具では飽きがきた、新しいデザインの家具が欲しい――――そう望む人にとってDIESEL LIVINGは強い味方となるでしょう。
逆に、「落ち着いた雰囲気を求めている」「確かなものであり、安らげるものがほしい」と考える人には、少し個性が強すぎるかもしれません。

 

刺激的で、個性的で、ロックで、デニムをモチーフに~DIESEL LIVINGの魅力

デザインの方向性について

ディーゼル テーブル

ほかの家具屋と同じように、ディーゼルの家具も、さまざまな顔を持っています。

 

しかしながら、ディーゼルの家具の特徴を分かりやすく、そしてできるかぎり正確に言おうとするのであれば、

 

「モダンで、ユニークなもの」

 

ということになるでしょう。

 

新しいもの好きの人にはたまらないユニークな物が揃う

ディーゼルの家具には、「クラシカル」という言葉はあまりに合いません。
木などのように、なじみ深い素材を使っていたとしても、その家具のデザインは非常にハイセンスで革新的で、そして現代的です。

 

シンプルなデザインのものも多くありますが、「温かみを感じさせるデザイン」というよりは、シャープな印象を残すものが多く、「新しいもの」を模索していく、というスタイルです。
このようなディーゼルのスタイルというのは、しばしば、「ロックなスタイル」とも言われます。新しいデザインの家具を求め、「ありきたりの家具」から解き放たれたい人にオススメです。

 

DIESEL LIVINGのそのデザインは、刺激的かつ、個性的で、家具の色としてはあまり用いられることのない青色を使ったり、ポップカルチャーの風合いを受けるサスペンションライトを提供したりしています。

 

デザインもとても個性的です。
現在は売り切れになっているところもありますが、DJコンソールを写し取った(しかもX線で!)テーブルなどは、DIESEL LIVING以外のところではまず取り扱いがないでしょう。
しかも、色は明るく光沢のあるブルーと黒色という徹底ぶりです。

 

DIESEL LIVINGを愛する人、拒否感を抱く人

いずれにせよ、DIESEL LIVINGの出している家具というのは、ものすごく個性の強いものです。
もちろん、なかには比較的落ち着いたものもありますが、DIESEL LIVINGといえば、やはりほかにはない、強烈な個性が魅力です。
そのため、DIESEL LIVINGを熱烈に愛する人もいれば、「落ち着きのない家具」として拒否感を抱く人もいるでしょう。

 

しかし、通り一辺倒な、誰にでも好かれる家具に飽きてしまった、という人ならば、DIESEL LIVINGの商品リストを丹念に見る価値は十二分にあると言えます。

 

決して安い値段ではありませんが、ほかでは手に入らないようなオリジナリティあふれるそのデザインは、「こんな家具を待っていた!」と歓迎する人も多いことでしょう。
色やデザインを見て、直感的に惹かれた!という人は、購入を検討してもよいのでは。

 

DIESEL LIVING、おすすめなのはこんなタイプの人です!

DIESEL LIVINGのデザインの「激しさ」について

DIESEL LIVINGは、何度も繰り返していますが、ものすごく個性的なデザインをしています。
ほかのメーカーでは作り得ないような刺激的なデザインをいくつも打ち出しており、見ている人間をまったく退屈させません。
非常に「面白さ」がある商品が多いのが、DIESEL LIVINGの特徴です。

 

ありきたりさがまったくないデザインは、強烈な個性を放っており、惹きつけられる人も多いのではないでしょうか。

 

「家具」については先ほど触れましたが、DIESEL LIVINGの打ち出す「小物」にも、その個性はあらわれています。
例えば、フォークなのですが、これは、レンチ(ボトルなどに使う工具)をベースにしています。
「食卓のカトラリー」と「工具」を組み合わせたデザインは遊び心たっぷりで、DIESEL LIVINGの個性を見て取ることができます。
ちなみに、テーブルウェア賞も受賞しています。

 

受け入れられるか、受け入れられないか、それを考える

DIESEL LIVINGは、しかし、その強烈なオリジナル色ゆえ、「好き!」という人と「嫌い!」という人が分かれやすいブランドでもあります。
上であげた、レンチをベースとしたフォークなども、人によっては、「食卓に工具のようなモチーフを持ち込むなどと」と強い拒否感を抱くかもしれません。

 

その個性的なデザインからすると、好奇心にあふれ新しいものに惹かれやすい20~30代の若い世代に向ているといえます。
もちろん、40~50代でも若いころの感性を忘れたくない、芸術家気質を持っている方であればそのハイセンスな家具を気に入ることも考えられます。

 

このため、DIESEL LIVINGは、そのデザイン性に惹かれるか惹かれないか、というごくシンプルな判断基準でもって、「おすすめの人、おすすめではない人」が分かれるラインナップを構成していると言えます。
あなたはどちらでしたでしょうか?

 

ディーゼルリビングのインテリアを扱うインテリアショップ一覧

ページトップへ戻る