FLYMEe Kids(フライミーキッズ)

FLYMEe Kidsってどんなもの?他との差別化についても知りたい

「日本最大級の家具通販の企業」として生まれたフライミーは、非常に有名な企業だと言えます。
なにしろ取扱い品目数が非常に多く、手に入らない方向性のものがないほどです。

また、「フライミー」を冠したさまざまな自社ブランドがあり、それぞれに特色があります。

使いやすく、けれんみがなく、引っ越しなどに最適なフライミーベーシック。童話のお姫さまの気分に浸れるフライミーブラン。フライミーデザイナーズスタイルはモダンなデザインが人気です。
カフェのような雰囲気をまとうフライミーファクトリーや、リゾート気分を味わえるフライミーガーデン&リゾートも面白いです。

今回取り上げるFLYMEe Kidsは、しかし、それらとは少し方向性の違うものとなります。
FLYMEe Kidsの特徴について迫ってみましょう。

FLYMEe Kidsの大前提

FLYMEe Kidsは、その名前からもわかるように、「子ども向けの」デザインで打ち出すインテリア商品をおもに扱ています。
ほかのフライミーブランドが、「子どもにも使えるけれども、どちらかというと大人向き」「大人の部屋で使うことを想定している」というのに比べて、FLYMEe Kidsは「子ども向け」に特化しています。

この点が何よりも一番大きな特徴で、机なども小さなサイズのものが多く、ラグなども面白い形のものがたくさん採用されています。
2段ベッドや、遊具類などもあって、その方向性はほかのものとは大きく違うとみるべきでしょう。

子どものうちから、良い品質のものに触れさせたい――――そう考える保護者のためのブランドであるといえますね。

国内最大級インテリアショップでおしゃれ家具を買うフライミーキッズ

FLYMEe Kidsの他のブランドの違いは?

ほかのフライミーラインとはまったく違うFLYMEe Kidsの意味とは

FLYMEe Kidsは、フライミーの自社ブランドのなかでも異なる特色があるということは前述したとおりです。

ほかのフライミーブランドは、「子どもも使えるけれども、基本的にはリビングや寝室といった部屋のインテリアを想定している」のに対し。
FLYMEe Kidsは純然たる「子ども向け」「こども部屋向け」なのです。

そのため、すべてのものが子どもに使いやすく作られています。
大人にとっては小さすぎるイスや机、そして大人はあまり使うことのないであろう2段ベッドや各種の遊具からも、それが見て取れることでしょう。

優しく、しかしカラフルな色合い。ラグも「子ども向け」を意識する

FLYMEe Kidsの色は、非常にバリエーションが豊かでとても面白いです。
ピンクや青、黄色といった、大人向けのものではなかなか見ることのできない色のものが展開しています。

とても面白いのが、「分割できるラグ」。
9個のパーツからなっているラグなのですが、これはいろいろな色がセットになっているものもあり、ジュースなどをこぼした部分だけを取り外して洗うことができるように工夫されています。

また、これ以外のラグも、ライオンなどの動物の形をかたどったものが数多く販売されています。

滑り止めなどで加工したものも多く、小さな子どもの「安全性」にもよく気を配って作られています。
デザインも仕様も大人のものとは大きく違うのが、FLYMEe Kidsの特徴である、とも言うことができるのではないでしょうか。

国内最大級インテリアショップでおしゃれ家具を買うフライミーキッズ

「子どものころからいいものにふれさせたい」FLYMEe Kidsの魅力

子どものころから良いものにふれられるFLYMEe Kids

FLYMEe Kidsは、「子どものころからいいものに触れさせたい」と願う人のためのものです。
このように考えれば、FLYMEe Kidsは、子ども用のブランドではありますが、もっともおすすめできるのは、「子どもの保護者」に向いているブランドと言えるでしょう。

カラフルでありながらも優しい色を使った家具などが多く、見ているだけで心が浮き立ってくる商品が多いのがFLYMEe Kidsの特徴です。
背中の背もたれの部分が笑顔になっているイスなどは、大人がみても「かわいい!」と言えるものでしょう。

また、FLYMEe Kidsの場合、子ども向けの商品ではありますが、大人が手入れしやすいことにも焦点を当てています。
「一部分だけを取り外して手入れすることができるラグ」などは、ものをこぼしやすい幼少期の子どもに最適です。

FLYMEe Kidsの値段、それをどのように考えるべきか?

FLYMEe Kidsの値段について考えていきましょう。

FLYMEe Kidsの値段は、たしかにほかのフライミーのラインに比べると若干ではありますがお買い得ではあります。
ラグなどは特にお買い得感が強いでしょう。

ただ、遊具などは10万円を超えるものもあります。
「子どもはすぐに大きくなる」「遊具なども使わなくなる」ということを考えた時、「それに対して、この金額を払えるかどうか?」ということを迷う保護者の人も出てくるかもしれません。

ただ、単体で見たときには、素材には品質の良いものを使用しているため、ある程度長く使い続けていけるといえます。
FLYMEe Kidsで子供向けの家具を買う際は、このあたりの点を考えて選ぶのが失敗しないコツです。

国内最大級インテリアショップでおしゃれ家具を買うフライミーキッズ

フライミー独自ブランド一覧

  • FLYMEe BASIC(フライミー ベーシック)
    ベーシック(基本)の名の通り、どんなお部屋にも合わせやすいベーシックスタイルの家具を扱っているブランドです。
  • FLYMEe Blanc(フライミー ブラン)
    クラシカルスタイルの家具を主に扱うブランドで、上品でエレガントな部屋を作りたい方や、ガーリーなものやアンティーク調のものも扱っているため女性にも向いているブランドです。
  • FLYMEe Designers Select(フライミーデザイナーズセレクト)
    北欧系、ミッドセンチュリーの名作家具の他、インテリア雑貨など国内外のデザイナーズ家具を扱うブランドです。
  • FLYMEe Factory(フライミーファクトリー)
    古材、スチールを使用した、工業デザイン・ヴィンテージデザインなどを扱う、少しレトロを感じさせてくれる商品を扱っています。
  • FLYMEe Garden & Resort(フライミー ガーデン&リゾート)
    オリエンタル調のデザインや、リゾートスタイルの家具など、エキゾチックで開放的なお部屋を作りたい方へおすすめです。屋外でも使えるアイテムもそろっています。
  • FLYMEe Kids(フライミー キッズ)
    キッズ用のデザイナーズ家具や玩具などを扱っており、子供の好奇心を育むのにぴったりのブランドです。お子さんをお持ちの方へおすすめ。
  • FLYMEe Noir(フライミー ノアール)
    都会的で、モダンな雰囲気の家具を主に扱っています。洗練されたスタイリッシュな空間を作りたい人へおすすめです。
  • FLYMEe PLUS(フライミー プリュス)
    とりわけ個性的でデザイン性の高い家具を扱っているブランドです。カラフルなものも多く、存在感があるので、うまく活用できるかはあなた次第。
  • FLYMEe vert(フライミー ヴェール)
    メープル、ウォールナットなどの木の質感を活かすナチュラルスタイルの家具を扱っています。優しく自然さを感じられるお部屋づくりにおすすめ。
ページトップへ戻る