FLYMEe vert(フライミーヴェール)

FLYMEe vertってどんなもの?その特徴などを知りたい

FLYMEe vertってどんなブランド?その特徴を知る

FLYMEe vertは、「木の暖かさ」をしっかりと感じられることを主題にしたフライミーが持つ自社ブランドのうちの一つです。

そのため、ウォールナットなどを積極的に使っています。
雰囲気的には非常に柔らかいものが多く、圧迫感がありません。

ラグや時計、そのほかソファーなどを打ち出しているのはほかのブランドとかわりませんが、その穏やかさは、子ども部屋などにも使うことができ、
ナチュラルテイストの部屋を作りたいと考えている人に向いている、と言えるでしょう。

FLYMEe vertのスタイル、その特徴や方向性はどこに向かっている?

ナチュラルテイストがウリ、それがFLYMEe vert
FLYMEe vertは、ナチュラルテイストの家具や小物を多く打ち出しています。
そのため、木のぬくもりや暖かみを感じられるインテリアを多数打ち出しています。

ほっとする家具、癒しの家具とでも言うべきものであり、暖かな雰囲気を作り出せるブランドでもあります。

モダンさよりも、「木への回帰」を得意とするものであり、小さなお子様がいる家庭などでもなじみやすいでしょう。
とんがったデザインのものはあまりなく、あってもラグなどが中心であるため、子ども部屋などにもなじみやすいという特徴があります。

国内最大級インテリアショップでおしゃれ家具を買うフライミーヴェール

FLYMEe vertはやっぱりナチュラルテイスト志向の人に向いている

FLYMEe vertはこんな人にオススメです!

FLYMEe vertは、非常に柔らかく、優しい雰囲気を内包するインテリアのブランドです。
そのため、これらの「やさしさ」を愛する人にとっては、FLYMEe vertはとても魅力的なブランドに映るでしょう。
カフェのように、しかしどこまでも「自分の家」らしくくつろげる空間を作りたいと考えている人に、FLYMEe vertは最適なブランドであると言えます。

FLYMEe vertの場合、ポイントに使うものも、どこか優しく、レトロな雰囲気を孕んでいます。
そのため、とても女性的で、かつ子どもなどにも安心して使えるデザインのものが多いです。小さなお子さんがいる家庭のリビング、あるいは子ども部屋などに用いることのできるものが多く、汎用性も高いでしょう。

FLYMEe vertの値段をどう見るか?どう選ぶのが正解なのかを考える

FLYMEe vertは、それほど高いブランドではありません。特に一人がけのイスなどは比較的安価で販売されています。
ただ、「デスク」となると、60000円から~というものも多く、商品によって大きな値段差が出てくるブランドでもあります。

加えて、同じ「ライト」に分類されるものであっても、その金額設定が10倍ほども異なることもあり、商品による価格差の大きさを物語っています。
「安いブランドだ」とも「高いブランドだ」とも言い難いため、選ぶときは慎重に行うことをおすすめします。

また、このような特性を持っているブランドのため、FLYMEe vertと似た傾向にある「フライミーファクトリー」と、値段や金額の面で比較しながら選んでいく方がよいでしょう。

国内最大級インテリアショップでおしゃれ家具を買うフライミーヴェール

カフェスタイルの家具を探しているなら「フライミーファクトリー」もおすすめ?

フライミーの中でのFLYMEe vertについての位置づけ

FLYMEe vertは、「フライミーヴェール」と読みますが、この「フライミー」という名前を冠したブランドはほかにもたくさんあります。
FLYMEe vertとはまったく違う、「モダンさ」「スイタイリッシュさ」を打ち出すフライミーノワール。
さまざまな色の展開や面白いフォルムを提供するフライミープリュスなどは、ある意味では、FLYMEe vertの対極にあるものである、と言えるでしょう。

ちなみに、FLYMEe vertは、「カフェスタイル」というのもその目的として掲げています。
これは、同じ「フライミー」のブランドである「フライミーファクトリー」の目的と似ています。

フライミーファクトリーの方が若干アクセントの強いものを扱っているイメージもありますが、これはそのときそのときのブランドアップによるものかもしれません。
FLYMEe vertを好きな人は、フライミーファクトリーものぞいてみるとよいのではないでしょうか。

FLYMEe vertとフライミーファクトリー

FLYMEe vertもフライミーファクトリーも、両方とも「カフェのようなスタイル」であることは同じです。
木のぬくもりを大切にする、という意味でも共通点が多く、FLYMEe vertを愛する人の多くは、フライミーファクトリーのことも気に入るでしょう。
もちろん、逆も真実です。

一番の違いは、フライミーファクトリーは古材やパイプなどの工業的なデザインも家具の中に取り入れた、「ファクトリー&インダストリアル」といった要素も含んでいることです。
逆に、FLYMEe vertの方は、あくまで木材が主役となっています。古木材も使用していないため、「ナチュラル」テイスト寄りの、優しい雰囲気の家具が多く見られます。

このように似通っている点がみられるため、FLYMEe vertが気に入った、という人は、一度フライミーファクトリーの方ものぞいてみるとよいでしょう。
安い買い物ではありませんから、納得のいくまで、比較検討することが何よりも大切です。
その上で、どちらのカフェスタイルが自分が探しているものに近いのか吟味するといいかもしれませんね。

国内最大級インテリアショップでおしゃれ家具を買うフライミーヴェール

フライミー独自ブランド一覧

  • FLYMEe BASIC(フライミー ベーシック)
    ベーシック(基本)の名の通り、どんなお部屋にも合わせやすいベーシックスタイルの家具を扱っているブランドです。
  • FLYMEe Blanc(フライミー ブラン)
    クラシカルスタイルの家具を主に扱うブランドで、上品でエレガントな部屋を作りたい方や、ガーリーなものやアンティーク調のものも扱っているため女性にも向いているブランドです。
  • FLYMEe Designers Select(フライミーデザイナーズセレクト)
    北欧系、ミッドセンチュリーの名作家具の他、インテリア雑貨など国内外のデザイナーズ家具を扱うブランドです。
  • FLYMEe Factory(フライミーファクトリー)
    古材、スチールを使用した、工業デザイン・ヴィンテージデザインなどを扱う、少しレトロを感じさせてくれる商品を扱っています。
  • FLYMEe Garden & Resort(フライミー ガーデン&リゾート)
    オリエンタル調のデザインや、リゾートスタイルの家具など、エキゾチックで開放的なお部屋を作りたい方へおすすめです。屋外でも使えるアイテムもそろっています。
  • FLYMEe Kids(フライミー キッズ)
    キッズ用のデザイナーズ家具や玩具などを扱っており、子供の好奇心を育むのにぴったりのブランドです。お子さんをお持ちの方へおすすめ。
  • FLYMEe Noir(フライミー ノアール)
    都会的で、モダンな雰囲気の家具を主に扱っています。洗練されたスタイリッシュな空間を作りたい人へおすすめです。
  • FLYMEe PLUS(フライミー プリュス)
    とりわけ個性的でデザイン性の高い家具を扱っているブランドです。カラフルなものも多く、存在感があるので、うまく活用できるかはあなた次第。
  • FLYMEe vert(フライミー ヴェール)
    メープル、ウォールナットなどの木の質感を活かすナチュラルスタイルの家具を扱っています。優しく自然さを感じられるお部屋づくりにおすすめ。
ページトップへ戻る