MODERNITY STORE(モダニティストア)はどんなおしゃれ家具を扱っている?

MODERNITY STOREってどんなブランド?

MODERNITY STOREってどんな会社なの?

「MODERNITY STORE」は、「モダニティストア」と呼びます。1985年に作られた会社であり、東京にその籍を置いています。
事業内容は、家具、音響装置などの輸入販売です。照明なども扱っていますが、つまりMODERNITY STOREの場合、「自分のところで家具を作る」というよりは、「さまざまな会社の家具を取り入れ、それを販売する」ということを生業にしている会社である、ということです。

 

このような特性上、MODERNITY STOREは、さまざまな国、さまざまな会社のブランドを扱うことになります。
ただし、MODERNITY STOREの場合、「家具」の輸入販売もしている、と銘打ってはいるものの、そのラインナップは決して豊富ではありません。
MODERNITY STOREの場合、「音響装置を打ち出すところ」というイメージが非常に強いため、「家具」を求めてMODERNITY STOREにあたると、その種類の少なさに失望してしまうことにもなりかねません。

 

「家具」は何があるか?

上では、「MODERNITY STOREは家具の取り扱いをほとんどしていない」としました。
実際、MODERNITY STOREの扱っている「家具」の種類は非常に限られています。
フライミーのところからとんだ場合、ソファー、デスク、テレビボード、収納家具、テーブル、照明、ベッドに至るまで、すべてMODERNITY STOREは取扱い商品がありません。
つまり、家具はまったくといってよいほどないのです。
唯一の例外は「チェア」だけですが、これも非常に狭い範囲であり、現在は一種類の商品しか展開していません。
MODERNITY STOREは、オーディオを扱うブランドと言えるでしょう。(情報は、2015年11月中旬現在のものです)

 

MODERNITY STOREの基本の考え方と家具の在り方

MODERNITY STOREのオーディオ機器について

MODERNITY STOREは、家具を打ち出すメーカーというよりも、「音響」にこだわったオーディオ機器の扱いにすぐれた会社である、とは前述した通りです。
さまざまな会社の装置をあつかっていますが、そのどれもが非常にスタイリッシュで、洗練されています。
「オーディオ機器」というカテゴライズであるからか、そのデザインはとても現代的です。しかし、音符(♫)の形をかたどったイヤホンを用意するなど、そのデザインは、決して「モダンで格好いい」というものだけにとどまっていないことがわかります。
かわいらしいデザインを打ち出すことも得意であり、いろいろな人の好みによりフィットする商品を多数販売しています。

 

「家具」としてとらえたときのMODERNITY STOREの特徴とは

MODERNITY STOREは、家具はそれほど販売していません。
ただ、例外もあります。それが、「チェア」です。
楽器をかたどったチェアは、メタリック色で作られており、非常に現代的な形をしています。色と相まって、とてもインパクトのあるデザインに仕上がっていると言えるでしょう。
収納にも便利なチェアですから、「普段は使わないイスを片付けておきたい」という家庭にも向いています。たくさんのカラーリングが打ち出されていますから、複数個そろえてみるのもよいでしょう。
お客様がきたときにだしたくなるようなスツールです。

 

すべてが「音楽」に彩られたMODERNITY STOREの商品は、とても独創的です。
確かにラインナップは少ないのですが、ほかの家具メーカーとはひと味違った味を楽しむようにしましょう。

 

MODERNITY STOREはとてもインパクトのあるデザインを得意としている

「オーディオ機器」としてのMODERNITY STORE

MODERNITY STOREは、オーディオ機器を中心に販売を展開しています。
しっかりとした技術に裏打ちされたイヤホンや音響装置は、好きな人にとってはたまらないものでしょう。
値段には大きな差があり、「価格」というところから絞ることもできます。
全体的にモダンな印象を強く受ける商品がとても多いのですが、愛らしい音符の形をしたイヤホンなどもあり、「これが好き!」というのが一つは見つかるでしょう。
色も、シンプルなものからポップなものまでたくさんそろっています。

 

このため、「オーディオ装置」を選ぶためにMODERNITY STOREを使う、という場合は、その人、その人の好みによってフレキシブルに対応できます。
明確な「ターゲット」「このような層でなければ使いこなせない」ということはなく、老若男女、広く使えるものになっていることは、MODERNITY STOREの魅力の一つだと言えるでしょう。

 

「チェア」という、限られた範囲でMODERNITY STOREを使う場合

2015年11月現在、MODERNITY STOREが扱っている家具は、チェアが中心です。
そのため、「MODERNITY STOREと家具」というキーワードで考えるときは、これが基本となります。

 

MODERNITY STOREの打ち出しているチェアは、打楽器をモチーフにしたものです。
分解して収納できるので便利ではあります。しかしそのメタリックなカラーやかたちは、かなり使う人を選ぶものでしょう。
若い人を対象としているようにも見受けられ、とても刺激的なデザインをしています。オーディオ機器と比較して、使える範囲が限定的にはなります。

ページトップへ戻る