家具購入体験談 | NOCE(ノーチェ)

NOCE(ノーチェ)でダイニングテーブルとチェアーを購入するまで

北欧スタイルのラインナップが多く、価格もお手頃で新生活や引っ越し直後にも利用しやすいと評判のNOCE(ノーチェ)。

しかし、実際のところはどうなのでしょうか?

NOCEで実際に家具を購入した方に今回はお話をうかがってみました。

まずは自分がほしいテーブルのイメージ、お店ごとの相場感をリサーチ

最近、ダイニングテーブルと椅子をNOCEで購入しました。そのときの購入にいたるまでの体験談をお話しします。

北欧系のシンプルなデザインのダイニングテーブルかなとぼんやりと考えていました。
引っ越しをしたばかりで予算も6〜8万ほどとそこまで用意できず、できるだけ安く買えないか考えていました。

北欧家具で安いとなると、まっさきにIKEA(イケア)が思いつくのですが、評判などを聞くと品質的にあまり良くないという声が多く、最初はインテリアショップに足を運び、カタログをもらったり実際に家具を見たり触ったりしてどのくらいの値段であればどのくらいの品質なのか、相場感を養うことからはじめました。

今回ダイニングテーブルを選ぶにあたって実際に足を運んでみたお店は以下のお店です。
・コンラン
・アクタス
・家具の富士
・ニトリ
・ノーチェ

コンランとアクタスは予算オーバー

ACTUS 新宿店

まず最初は、コンランとアクタスに行ってみました。
コンランは東京駅の丸の内ビル、アクタスは新宿店です。

コンランの家具を一通り見て回ると、どの商品もしっかりとした作りで、購入したら何十年と付き合っていけると思えるような高い品質の家具ばかりでした。
値段を見てみると、ダイニングテーブルと椅子のセットが\140,000。

アクタスの方もコンランと同じくらいの価格帯で販売しているため、この2つのショップだと自分には予算オーバーとなってしまいそうです。
なので、ひとまず今年のカタログだけもらって帰ってきました。コンランのカタログは通常有料で300円なのですが、twitterに投稿すると無料になるので、投稿してから貰うのがおすすめですよ。

吉祥寺には家具ショップが意外に多め。

吉祥寺で家具を探すなら北口がおすすめ

やはり安めの価格帯で展開しているお店がよいということで、今度は「お値段以上」のキャッチフレーズで有名な「ニトリ」に行ってみました。

たまたま吉祥寺に用事があったので、そのついでに駅北口のヨドバシカメラ内のニトリデコホームへ。
しかし、ここは当てが外れてしまいました。
ニトリデコホームでは、ダイニングテーブルなどの大型の家具は扱っていなかったのです。

ただ、食器棚だったり、布団だったり、キッチン雑貨などの小物はなかなか充実しているうえに値段もかなり安く(コーヒーメーカーなんて一番安くて\1480!)、デザインもナチュラル・シンプルスタイルのすっきりしたものなのでうまく利用すればとても良いお店であると感じました。

その後、吉祥寺内にある家具屋を探していたのですが、近くにあったフランフランはなんと3月に閉店していたことが発覚。
以前に1度見に行ったことがあったため少しショックでした。

そのほかネットで吉祥寺周辺を調べてみると、吉祥寺にはいろいろな家具屋があることがわかりました。
フランフランがあった通りと同じ通りには、オーダーメイドにも拘わらず比較的安めの値段設定でテーブルや椅子を作成できる(木材や加工方法にもよる)「家具の富士」。
サンロードの近くには、ケユカ、家具蔵、unicoなど。
そして、井の頭通りには、今回購入に至った「NOCE(ノーチェ)」がありました。

NOCE吉祥寺店はどんな感じ?

NOCE吉祥寺 店内の様子

NOCE吉祥寺店は、吉祥寺駅を出て井の頭通りを三鷹の方に少し歩いたところにあります。
道路を挟んだ向かいにmarimekko(マリメッコ)があるのが目印です。

お店に入ってみると、そこまで店内は広くないのですが、つり下げ式の展示スペースがうまく利用されており、大量の家具達が所せましと展示されていることに圧倒されます。
カタログも2016年度のものを店員さんにもらえたので、家でカタログを眺めてじっくり検討するのもいいですね。

さっそくNOCEでダイニングテーブル選び

今回購入したNOCEのダイニングテーブル

一通り店内をみて回ると、テーブルと椅子が一緒になったお得なダイニングセットが3点。
そのほかダイニングテーブルも5種類ほどあることがわかりました。

当初は安くてお得なダイニングセットを買おうと思っていたのですが、ここで2つ想定外のことが。
ダイニングセットのテーブルは150cm~160cmのものがラインナップされていたのですが、実際にそのサイズを目にしてみると、自分の部屋に対し、かなり大きいことがわかったのです。
そして、逆にテーブルが120cmだとイメージ通りのサイズではあるのですが、スペースが狭くなり椅子の選択肢が狭まることも。

テーブルに限ったことではないですが、家具を買いにいくときは、あらかじめ部屋の寸法を測っておいたり、実際に置いたときのことをイメージしておくことが大切だなと改めて実感させられました。

NOCEでは、木材を使用した家具のカラーバリエーションはあまり多くないですが、ウォールナットとナチュラルの2色から選べます。
暗めと明るめの両極端な色なので、ここでも自分の部屋をイメージして、どちらの色のほうがしっくりくるのか考えておいたほうがいいかもしれません。
もちろん、椅子もテーブルと近い色をそろえるのが王道だと思うので同じ色を選びました。

椅子を4つではなく実際に使用する2つに絞ることでなんとか予算内に

今回購入したNOCEの曲木チェアー

その後店員さんにも相談に乗ってもらい、いろいろと考えた結果、ダイニングテーブルは、120cmのウォールナットのもの。
椅子は取り急ぎ使いたいのは2脚だけなので、2つだけ購入。余裕が出て来たら、ベンチを後追いで購入しようということになりました。

そのかわり、椅子はクッションがついて凝ったデザインの少し高めのものを買うことにして、色は3色から選べたのですが、シンプルにグレー系のカラーを選ぶことにしました。
ウォールナットではなく、ナチュラルに合わせるのであれば、もっと北欧らしさを感じる明るめのカラーを合わせるのもおもしろそうです。

今回の出費は、ダイニングテーブル\17,800、チェアー\13,800×2、配送料\6,000、組み立てオプション\1,600で、合計が税込で\53,000となりました。

NOCEの家具は、安い値段設定でありながらも品質も悪くない

今回さまざまな家具屋を巡りましたが、NOCEでのショッピングはとても満足度が高かったです。
理由としては、値段設定が自分の立てた予算と見合っていたこと、店員さんの対応が丁寧であったこと、低価格にもかかわらず品質も悪くなかったことなどがあげられます。

いくら安くてもIKEAや激安が売りのネットショップ、ニトリ、ドンキホーテなどで家具を買うのは少し気が引ける・・・といった方は多いのではないでしょうか? まさに自分がそうだったので、NOCEは同じ思いを抱いている方にはぜひおすすめしたいお店です。

編集部からの総評

今回お話をうかがった方は20代の男性で、そこまで予算をかけたくないけどおしゃれなものがほしいということだったのでまさにNOCEはぴったりのお店だったといえますね。

NOCEの家具には似ている価格帯のニトリよりもデザインに安っぽさを感じさせない家具が揃っているので予算の問題で悩んでいる人には一度覗いてほしいお店です!

NOCE(ノーチェ)の特徴・口コミ・評判を詳しくみる

購入者のデータ

年齢 25歳
性別 男性
家族構成 既婚・2人
お部屋 2LDK 45平米
予算 6万~8万
購入の動機 最近引っ越しをしたばかり。部屋も広くなり十分なダイニングのスペースができたため、ダイニングテーブルとイスを買って食事スペースをちゃんとつくりたい。

家具・インテリアショップ一覧紹介を見る

ページトップへ戻る